ページの先頭へ戻る

NPO法人 小網代パール海育隊

僕ら、小パール隊

海で育つ!海を育てる! 私達、NPO法人小網代パール海育隊(小パール隊)は、三浦半島の小網代湾で、養殖真珠を生み出すことにチャレンジしながら、生命が育つ環境の大切さ、そしてそれを守っていくことの重要さを、皆で体験しながら学んで行きたいとの思いで発足しました!

小網代パール海育隊・私たちの活動

私達、小網代パール海育隊は、真珠貝の養殖体験を主軸とし、アマモの再生、稚魚放流などを通して、 「海プレ」「海パル」「海ラボ」という三つの活動を行い、皆さんと一緒に海の大切さ、すばらしさを体験し、 広く海洋教育を行っていきます。 なぜ、私達が真珠の養殖体験を軸に海洋教育を行うのか・・・ それは、海に興味を持ってもらいたいから。 私達がよく食べる、アサリやホタテ。それと同じ二枚貝のアコヤガイ。貝を開けると光り輝く真珠が! 貝を育む海も、また真珠をはぐくむ貝も、私達には計り知れない力を持っています。まず、それで驚いて欲しい! その驚きから、海の生き物の神秘やそれを生み出す環境のバランスがどれほど大事なものかをわかって欲しい! そして、本来、真珠の養殖は漁業者にしかできない仕事ですので、海の仕事がどういうものか?も体験して欲しい!

  • 日々の活動内容を右のブログで更新しています!
  • 海プレ活動報告はこちら
  • 海パル活動報告はこちら
  • 海ラボ活動報告はこちら

一般参加のイベントを用意しております。このホームページでお知らせいたしますので、ぜひご参加下さい。
この活動にご賛同いただける方は、ぜひ賛助会員になって下さい。
入会方法は、メールまたはお電話、ファックスにて、お名前、ご住所をお知らせ下さい。
こちらから、申し込み用紙を郵送させていただきます。

入会のご案内はこちら

小網代湾と真珠

小網代湾ってこんな所

小網代湾は神奈川県、三浦半島の相模湾側にあるリアス式の入り江に面した小さな湾のことです。古くは江戸時代から栄えた天然の良港で主に漁業で栄えました。小網代湾やその周辺は都心から比較的近郊にあるにも関わらず、森と川と干潟と海が一体になった「小網代の森」に代表される手つかずの自然が多く残されています。

本格的な養殖真珠研究ゆかりの場所

今では、女性なら誰でも一つは持っているだろうと思われるパールのアクセサリー。 むかしむかし、真珠は天然のものしか無く、とても貴重なものでした。 真珠を養殖により生み出すための研究の始まりは株式会社ミキモト創業者御木本幸吉と、 三浦市の東京大学三崎臨海実験所初代所長箕作佳吉博士の出会いからでした。 研究の成功により、その後、三重県で世界初の養殖真珠の量産が 現在の株式会社ミキモトによってなされるようになったのです。

三浦市内でも、昭和24年から数年間、神奈川県による真珠の養殖事業が行われました。 この小網代湾にも沢山の真珠の筏が並んでいた時代があったのです。今でも、その時代を語ってくれる方々がご健在ですし、当時のなごりの施設あとも残っています。そして、今も、小網代湾には、真珠の母貝となる、天然のアコヤガイが生息しているのです。私達は、その天然のアコヤガイから稚貝を増やし、真珠を産み出すことに挑戦します!

真珠ができるまで

真珠ができるまでの年間スケジュールだよ!

  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月

ダミーテキスト

アコヤ貝の種苗生産

天然採苗のネットの設置

アコヤ貝の生態調査(潜水)

採取した稚貝の海上飼育

天然アコヤ貝の生態調査(潜水)

筏交換作業

浜上げ

母貝飼育
(挿核用母貝の養殖)

貝の清掃